Browse By

JavaScriptのデータ型

Pocket

JavaScriptのデータ型

JavaScriptのデータ型には文字列数値論理値などが存在します。

Javascriptはデータ型を強く意識するJavaやC#のような言語とは異なり、とても寛容です。文字列を格納していた変数に数値を格納することもできますし、その逆も可能です。

var name = "marooon";
name = 777;

JavaScriptには以下のデータ型が存在します。

基本型 数値型 -253 (-9,007,199,254,740,992) ~253 (9,007,199,254,740,992) までです。
その範囲外では演算結果に誤差が生じます。
文字列型 ‘(シングルクウォート)、”(ダブルクウォート)で囲まれた文字
真偽型 true(真)、false(偽)
特殊型 NULL、未定義(undefined)
参照型 配列 データの集合。データ値に対しインデックス(番号)を設定します。
オブジェクト データの集合。個々のデータ値と対になるプロパティ名を設定する。
関数 一連の処理の集合。

JavaScriptのデータ型は大きく分けて基本型と参照型に分類することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>