Browse By

scriptタグの設置場所

Pocket

scriptタグの設置場所

scriptタグの設置場所は大きく分けて3箇所あります。
1か2のパターンが基本となり、3のパターンはデバッグやサンプルなどの簡易出力で使用することが多く実際のアプリケーションで使用することはあまりありません。

1. <head>タグの配下

<head>
    <script type="text/javascript">
        JavaScriptのコード・・・
    </script>
</head>

2. </body>タグの直前

任意のコンテンツ・・・
        <script type="text/javascript">
            JavaScriptのコード・・・
        </script>
    </body>
</html>

bodyタグの最後(HTMLソースの末尾)にスクリプトを書けば、HTMLが最後まで読み込まれた段階でJavaScriptが実行されます。
JavaScriptの処理に時間がかかる場合、先にJavaScriptを読み込んでしまうとページの描画が遅れるため、JavaScriptの実行よりも先にHTMLソースを読み込ませ、先にページを描画させるのが一般的です。

3. bodyタグの任意の位置

<script>タグ配下の内容が直接文章内に出力するためのものである場合に使用します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>