Browse By

JavaScriptのスコープについて

Pocket

JavaScriptのスコープについて

スコープとは、プログラム中での変数の有効範囲のことです。JavaScriptのスコープは、大きく「グローバルスコープ」と「ローカルスコープ」とに分類することができます。

グローバルスコープとローカルスコープ

グローバルスコープ

グローバルスコープの変数(グローバル変数)にはスクリプト全体から参照ができます。

ローカルスコープ

ローカルスコープの変数(ローカル変数)には定義された関数の中のみから参照ができます。

var scope = 'グローバルです';
function test() {
    // このfunctionの内部はローカルスコープになります
    var scope = 'ローカルです';
    return scope;
}
// functionの外はグローバルスコープです。

変数宣言時のvarについて

JavaScriptでは通常、変数宣言の際にvar命令を記述します。もしもvar命令を使用せずに宣言した場合は、全てグローバル変数とみなされます。
つまりローカル変数を定義する際には必ずvar命令を使用する必要があります。

scope = 'グローバルです';
function test() {
    // このfunctionの内部はローカルスコープになります
    scope = 'ローカルです';
    return scope;
}
console.log(scope); // 'ローカルです'


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>