Browse By

JavaScriptのエスケープシーケンス

Pocket

JavaScriptのエスケープシーケンス

JavaScriptで文字リテラルでは特別な意味を持つ文字が存在します。それらは「\+文字」で表現できます。
このような文字をエスケープシーケンスと呼びます。
Javascriptで使用可能なエスケープシーケンスは以下のとおりです。

\b バックスペース
\f 改ページ
\n 改行(LF)
\r 復帰(CR)
\t タブ
\\ 円マーク
\’ シングルクォート
\” ダブルクォート
\xXX Latin−1文字(XXは16進数)
\uXXXX Unicode文字(XXXXは16進数)

たとえばalertに表示される文字を改行したい場合は下記のように記述します。

window.alert('こんにちは!\r\nJavaScript Journalです!');

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>